グラノーラ バー

on 10月 31, 2016 in recipe

人に作り方を聞かれるレシピがあって、いちいち書くのも面倒な人数になってきたので、徐々に書き溜めていって楽をしようと思った次第です。

グラノーラバーの作り方を紹介しましょう。こういう物です。

bar1

最近コンビニでもよく売ってますよね。朝食・昼食替わりみたいなの。

家族でコレステロール値が気になるという人が居るので、適当に外食するよりはと、コレステロールに良いとされるオートミールを多めに入れたものを作って提供しています。

いろんな作り方をネットでも紹介されていますが、マシュマロを溶かしてくっつけるようなのはカロリーとベタつく食感が気に食わないので、自力で開発しました。

自分の好きなナッツとドライフルーツを入れたり、レシピは自由なので、参考に。

 

 

1.素材を用意する

bar2

A
穀類 ・・・ 1カップ
ドライフルーツ ・・・ 大さじ2
ナッツ ・・・ 20~40g
塩 ・・・ ひとつまみ

B
小麦粉 ・・・ 大さじ1.5
(ふるっておく)

C
メープルシロップ ・・・ 大さじ3
サラダ油 ・・・ 大さじ1

オーブンは170℃に予熱しましょう。

 

これが比率。オーブン天板にぎっしり詰める場合、うちだとこれの7倍量(バー30本分)がジャストです。焼くときに使う型に実際Aを入れてみて、ちょうどいい量を決めてください。後でシロップとあえるので、余裕を持って混ぜられるボウルか大鍋に移し替えてね!

穀類は市販のグラノーラが楽ですが、スカスカに出来上がると折れやすいので、他の食材の隙間に入りやすい、オートミールやゴマはお勧め。うちの場合は市販グラノーラ3.5、オートミール3、ゴマ0.5の比率で混ぜてます。

うちは家族の要望で、ナッツはクルミ、ドライフルーツはクランベリーです。レーズンとクランベリーを半々とか、好きな配合でいろいろ試してみてください。フルーツが大きかったら適度に刻んで入れてね。食感も楽しみたい場合は大きめに刻んだり、ナッツはざっくり手割りで混ぜるといいです。(その代り、大きい素材の周りはひび割れの原因になる空洞が出来やすいので、隙間に入りやすい細かい穀類を少し多めに入れた方が安全です)

メープルシロップはハチミツとかその手のシロップならなんでも大丈夫。あまりベタベタしないシロップの方が、後の整形が楽です。

油も他のものでokですが、匂いの強いオシャレな油はあんまりお勧めしないです。

 

2.シロップを乳化する

bar3

Cの材料を撹拌し、乳化させます。上の写真で黒々としていたメープルシロップと油が混ざって、白っぽく一体になります。これが乳化です。うちはブレンダーで30秒撹拌ってところですが、手でやると結構時間かかりそうなので、電動のミキサーやホイッパーで楽しましょう。白っぽく混ざればなんだっていいです。

 

3.材料を混ぜる

Aを入れたボウルに、乳化したCを入れ、まんべんなく表面にシロップが絡むように、よく混ぜる。さらにBを入れ、全体に行きわたるよう、よく混ぜる。

 

4.敷き詰めて焼く

bar4

今回のハイライト。型に敷き詰めます。敷き詰めが下手だと、焼き上がり後に隙間のあるところから折れて崩れます。親の仇だと思ってギュウギュウに押し込んで平らにしましょう。固まったりしないので、焦らずじっくりと押し固めます。あんまり分厚いと切る時にボロボロになるので、1.5cm~2cmくらいの厚さがいいかな?

私はゴムべらを両手で持って押しながら撫でるようにギュウギュウしてますが、型を回しながら何度も何度も押し込み、なだらかにします。これ以上押し込めないっていうくらいギュウギュウにしてやってください。

家族にやらせたら、手がグラノーラまみれになる覚悟を持って、両手のひらでグイグイ押してました。隙間なく埋めるのが難しそうなら手でやってもいいかも。

※ 最悪、焼いた後崩れたとしても、香ばしい、メープル風味のグラノーラができるだけなので、ヨーグルトにトッピングして食べるとか新しい道があります。

 

170℃のオーブンで25分~30分。周辺がちょっとキツネ色かな?くらいでいいです。思いっきり焼き色を付けると、カリカリになりすぎて、逆に崩れやすくなります。

焼きあがったら、そっとオーブンから取り出し、冷めるまで絶対に触らないこと。焼き上がりはまだ柔らかいので、オーブンペーパーを持ち上げたり、天板をゆすったりするとヒビが入って壊れます。温かいのでラップではなく、キッチンペーパーとかをふんわりかけて、半日ほど放置して待ってください。

 

5.切り分ける

bar1

やっと完成です。包丁で上からじわじわと押し切るように切ると、ボロボロしづらいです。出先で食べる方は、ワックスペーパーに包んでおくといいでしょう。移動中に崩れてバッグの中からクルミが見つかって泣くことのないように、丁寧に包むといいですw

ちゃんくろから質問があったので、切り方のポイントを追記。

半分にまず切って、それをまた半分に・・・って切り方の方が崩れにくいです。ギコギコ切るとボロボロするので、ギロチン的にざくっと1発で決めるのがコツ。しいて言うなら、生のかぼちゃを切る時の感じですかね。

 

密閉できる瓶やジップロックに入れておけば、かなり日持ちします。私も2~3か月に1ぺんしか焼かないので、ジップロックで常温保存で大丈夫です。コスト面でもいちいち市販のバーを買うよりは安く、栄養価を自分でカスタムできるのでオススメです。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

2 Comments

  1. これからどんどんレシピが増えると考えると、レシピ本を出版する準備もしておかないとだね!(ΦωΦ)

    • やだよ人のレシピ本の翻訳校正校閲してんのに自分のとかwww

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>