新兵の憂鬱

on 5月 8, 2017 in Diary

たまには真面目な事でも書こうかなと。

 

五月病という言葉をよく聞くこの季節。4月に新しい環境に戸惑い、ストレスを抱え、くじけ、泣き、そしてやっとGWで休んで落ち着いた頃に、また戦場に帰ってこいと言われる。そこで張りつめていた気持ちがぷつっと切れてしまう事があります。

 

いろんなブロガーがいろんな対処法を書いていると思うので、気が合う人の勧める方法を試して、就職したなら3年くらいは在籍した方がいいです。ただし、転職先が決まっているならすぐに脱出していいと思います。学校なら卒業まで粘ったら勝ち。なるべくそのラインを目指して頑張ってみるのは良いことです。

 

でも人間には限界があります。抱える事情も人それぞれだし、「○○まで耐えられるのが普通」なんて一般論はあまり意味がありません。ここから先は、ダメかもしれないって思っている人に、なるべく具体的にボーダーラインについて話します。

 

 

 

 

先に言っておきます。私も順風満帆ではありませんでした。

一度、働き過ぎて、働き過ぎて、ご飯を食べることを本当に忘れて、1ヶ月で10キロ削り、重度の鬱だと言われて、1年休職したことがあります。他人事じゃないし、経験者として伝えます。

 

 

辛いのは誰でも一緒?そんなことはない。「同じ辛さ」なんてものはない。仕事や恋愛、友達、家族・・・それぞれに思う辛さはいっぱいあって、単品でも複数合算でも、自分のキャパを越えて溢れたら、うつの仲間入りです。

 

「この程度他の人だって頑張ってる」なんて他人と比べてる場合じゃありません。自分の感覚に頼ってください。もうダメだなって思ったら、誰かにそれを言ってみてください。自分の事情を誰かに愚痴ってみてください。口を開くことで、閉ざしていた辛さが一気に噴き出します。それで泣いてしまう事もあるでしょう。いいんです泣いて。泣いてみて、何が悲しいのか、何が悔しいのか、口に出してみてください。それでもう立ち上がれないかなって思ったら、もう休んだっていいんです。

 

転職を考えれば、できれば3年以上働いて、無職の期間を作らない方が、実際には有利です。でも今、目の前の職場で辛い時は、もう逃げたっていい。人間は逃げたっていいんだよ。大人は頑張ったら何でも耐えられる?そんなことないです。あなたの充電残量は、あなたにしか分からないんだから。誰がなんて言おうとも、自分がダメだなーって思ったら充電した方がいい。

 

うつ病は心の風邪って言いますが、早期に治療を受ければ早く治ります。会社で働きながら治療して治った人も多く居ます。早く行きすぎて医者に怒られる、なんてことはないです。少しでも自分に異変があったら、早めに相談してください。

良い医者ほど、新規患者さんの予約枠は数か月待ちになります。(ここ大事

 

異変って何かって?

・ 普段よりも食事の量が減った、食事を抜いてもお腹が減らない

・ 食べ物の味を感じない、美味しいと思わなくなった

・ 寝付けない日が2週間以上続いている、眠りが浅くて起きるようになった

・ 朝気持ち悪い。会社に着くまでの間に動悸や吐き気がする。

こういう症状がある人は、本当に早めにメンタルクリニック・心療内科という名前の病院に行ってみてください。少し心を軽くするための、頓服薬を貰えます。辛い時だけ飲めばいいから、あまり依存にはなりません。副作用が出たら医者に言って、違う薬に替えてもらってください。たくさん種類があるので、1種類飲んで諦めるなんてもったいない。「役に立つ心のバファリン」が貰えたら人生楽だから。楽できるところはしたほうがいい。心のバフみたいなもんだよ!

しいて言うなら、腸に働きやすい物が多いので、薬を飲み始めて便秘がちになったら、医者に伝える事。便秘薬も一緒に処方してくれます。

 

食べ物の味を感じない、好物なのに食べなくてもいいかなって気分が萎える。そういうのが初期症状です。今辛いなあって思ってる人は、食事で味を楽しめているか確認してみてください。

治った人にインタビューすると、「食べ物がこんなに美味しいって気づいたんです!」って多くの人が言います。ほんと、味覚は大事なアンテナです。

 

眠れないについては、要素がかなり多いので、そのうち別途説明します。まずは「食べれない」「寝れない」があったら人に愚痴ってみる、医者に行く。このボーダーラインを気を付けてみてください。

 

人生ってすっごい長いんだから。今膝を突いたら終わり!なんてことは無い。絶対そんなこと無い。がんばれそうなら、がんばればいい。疲れたなら、休んだってイイ。

自分の心に敏感になってみてください。何が辛いのか、何が苛立つのか、自分の心に問いただして問題をクリアにしてみてください。原因がはっきりするほど、重荷が取れますよ!

 

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>